葛河思潮社 第三回公演「冒した者」仙台公演【終了】

Stage / _
タグ:

作:三好十郎  演出:長塚圭史

昨年、宮城野区文化センター開館記念事業として「浮標」が上演され好評を博した葛河思潮社。その葛河思潮社の第三回公演「冒した者」の仙台公演が決定しました。第三回公演は前回公演の三好十郎『浮標』に続いて、同じ三好十郎の最後の長編戯曲『冒した者』を上演致します。本公演は宮城野区文化センター開館1周年の記念事業になります。 キャストには、田中哲司や松雪泰子といった前回公演『浮標』を力強く支えた出演者に加え、新たに松田龍平を迎え、ほか実力のある俳優たちが集まりました。 三好十郎は自作について、<私の作品はたいがいそうであるが、特にこの『冒した者』では「現代」そのものが直接的に主題になり主人公になっている作品である>と語っています。この1952年に描かれた戯曲が、東日本大震災を経験した2013年の日本を生きる私たちに、いかに「現代」として迫ってくるか――。劇場にて、ぜひ体験していただけたらと思っています。

田中哲司 松田龍平 松雪泰子

長塚圭史 江口のりこ 尾上寛之 桑原裕子 木下あかり 中村まこと 吉見一豊

 


 チケット発売日 8月31日(土)


|日時:2013 年 10 月 日(水) 19:00 | 10 日(木) 14:00
    ※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前
|会場:仙台市宮城野区文化センター パトナシアター
    〒983-0842 仙台市宮城野区五輪2丁目12番70号 TEL:022-257-1213
|料金:6,300円 (全席指定・税込)
    ※未就学児童のご入場はお断りしています。
    ※車いすスペースを希望される方は、boxes Inc(. 022-353-9755)  へお問い合わせください。
|チケット取扱い
チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード:431-423)
http://pia.jp(/ PC・携帯) セブンイレブン、サークルK・サンクス、ぴあ店舗
e+(イープラス)
http://eplus.jp(PC・携帯)
ファミリーマート店舗( 店内Famiポート)
ローソンチケット
0570-084-002(Lコード:23800)
0570-000-407(オペレーター対応・10:00~20:00)
http://l-tike.com(PC・携帯) ローソン、ミニストップ店舗 ( 店内Loppi )
楽天チケット
http://r-t.jp/okasitamono

仙台三越 
せんだい演劇工房10-BOX 

|託児サービス

料金:500円(定員あり・要予約)
対象:2〜9 歳までのお子様をお預かりいたします。ご予約のない場合、託児は開室いたしません。
申込:チケットご購入の上、10月7日(月)までにboxes Inc.(022-353-9755)へお申し込みください。

  作/三好十郎
  演出/長塚圭史
  美術/二村周作
  照明/齋藤茂男
  音響/加藤温
  人物デザイン監修/柘植伊佐夫
  ヘアメイク/河村陽子
  演出助手/山田美紀
  舞台監督/福澤諭志
  プロデューサー/伊藤達哉

宣伝美術/BLOCKBUSTER・NO DESIGN・清田隆之
プリンティングディレクター/青山 功
ウェブ制作/スレッドアンドハーフ
ウェブプロモーション/飯田裕幸
広報/吉田プロモーション
ソーシャルシフト/赤羽ひろみ・藤井良一
票券/北澤芙未子
制作助手/宮崎友里江
制作/三浦 瞳
制作協力/ゴーチ・ブラザーズ
企画・製作/葛河思潮社

 

<あらすじ>
舞台は戦後の東京郊外。かろうじて焼け残った大屋敷に9名の人間が集まり、穏やかな暮らしを送っていた。そんなある日、一人の青年の訪問をきっかけに生じた日常の崩壊。それぞれが抱える「戦後の混乱」が一挙に表面化する中で、大屋敷の人間模様は激しく入り乱れていく──。
作者の三好十郎を思わせる「私」(田中哲司)。その「私」の妻の最後の三ヶ月を診た医師の舟木(長塚圭史)と妻・織子(桑原裕子)。舟木の弟で、革命運動に身を投じる学生の省三(尾上寛之)。株屋の若宮(中村まこと)と進駐軍に勤めている娘の房代(江口のりこ)に、元の家主が赤坂の一流芸者に生ませた柳子(松雪泰子)。大屋敷の管理人である浮山(吉見一豊)と、広島の原爆で家族を失い、親戚の浮山に引き取られた盲目の孤児・モモちゃん(木下あかり)。そして、大屋敷の人間模様をかき乱していく青年・須永(松田龍平)。
以上10名の人物たちが織りなす人間ドラマを、ぜひお楽しみください。

 

<葛河思潮社とは>
2009年に文化庁の新進芸術家海外研修制度による1年間のロンドン留学より帰国した長塚圭史が、演劇のさらなる可能性を探るべく立ち上げたソロプロジェクトです。このプロジェクトでは、劇作家、演出家でもある長塚が、自分の描いた脚本を演出するというスタイルにこだわらず、日本の既存の戯曲や海外からの翻訳戯曲、さらには原作小説からの戯曲化など、あらゆる素材から演劇作品を創り出していきます。また、ワークショップやリーディングといった手法を創作のプロセスに積極的に取り入れ、長期的な視点に根差した作品創りを志向します。さらには地域公演などにも積極的に取り組み、常に刺激的な作品を広く発信していく場にしたいと思っています。


|会場地図

電車:JR仙台駅から仙石線下り方面行きで6分、陸前原ノ町駅下車すぐ。
バス:仙台市営バス、仙台駅前18・32・35・36番のりば→宮城野区役所前下車すぐ。
宮城交通バス、仙台駅前34番のりば→宮城野区役所前下車すぐ
車:宮城野区文化センター駐車場(有料・利用時間8:30~22:00)施設西側に隣接。


本公演に関するお問い合わせ