岡崎藝術座「+51 アビアシオン,サンボルハ」仙台公演【終了】

作・演出:神里雄大

 + 5 1 = ペルーの国際番号、アビアシオン、サンボルハ = リマ市内の通り、地区の名前 

政治や社会情勢への態度を積極的に作品に反映させながら、 わかりあえない他者との共生をテーマとした創作を続ける神里雄大。沖縄からペルーへの移民という自らの祖父母の足取りを追った取材をもとにした作品 『+51 アビアシオン , サンボルハ』を、仙台初上陸で上演します。

戦前活躍後に国外亡命した「メキシコ演劇の父」演出家・佐野碩の生涯の参照や、 日系社会に支援を続けながら、北海道で農業に携わる実業家・神内良一とも邂逅。 かつてその土地に移り住み、生きてその地に消えていった先人たちの足跡と、 現在もなおそこに暮らす人々が想いを馳せる“ふるさと”とは -。 そのありようを見つめるまなざしは、翻って現在の日本を生きるわたしたちの姿をも浮かび上がらせます。

国内のみならず世界の観客から、新たな演劇表現だと高く評価された今作。 場所によって作品の姿も大きく変わるこの作品を生で感じるチャンス、どうぞお見逃しなく!

小野正彦 大村わたる 児玉磨利

 


4月18日(土) 10時 一般チケット発売開始


|日時: 
2015 月 5 月 30(土) -31 日(日)
2015年
5月
30
(土)
31
(日)
15:00  
17:00  
 ※受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前を予定しております。
 
  
|会場:せんだい演劇工房10-BOX
〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2-12-9 TEL:022-782-7510

 

|料金:(日時指定・自由席・税込)
一般 2,500
学生 1,500
高校生以下  無料

※学生・・・当日受付にて学生証提示・枚数限定。
※高校生以下・・・当日受付にて年齢確認・枚数限定。

※未就学児童のご入場はお断りしています。
※車いすスペース(定員あり・事前予約制)、託児サービス(定員あり・事前予約制・有料) 詳しくは電話にてboxes Inc.(022-353-9755)までお問合せください。

 

|チケット取扱い
 
◇ せんだい演劇工房10-BOX(9:00〜21:00)
 
 

 

|スタッフ

作・演出・美術:神里雄大
音響:和田匡史
技術監督:寅川英司
舞台監督:河野千鶴
宣伝美術:古屋貴広(Werkbund) 

<岡崎藝術座とは>
2003 年、演出家・作家・俳優・舞台美術など、舞台表現において多彩な活動を行っている神里雄大を中心とし、オリジナル戯曲・既成戯曲問わず、 神里の演出作品を上演する団体として設立。ペルー生まれ川崎育ちの神里の演出による作品は、色彩・言語感覚ともに、南米の押さえつけられる ような太陽のイメージとともに、ニュータウンの無機質な神経質さも同時に感じさせ、独自の存在感を持っている。昨今は、政治や社会情勢への 態度を積極的に作品に反映させながら、わかりあえない他者との共時性をテーマとした作品を発表している。2010~2012 年にかけ、3 年連続で フェスティバル / トーキョーに参加。2012 年には、Taipei Arts Festival2012 に正式招待され、初の海外公演を成功させた。『ヘアカットさん』
(2009)、『(飲めない人のための)ブラックコーヒ ー』(2013)がそれぞれ、岸田國士戯曲賞最終候補にノミネートされている。

 


|せんだい演劇工房10-BOX

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

□バス
 ・仙台駅バスターミナル4番から約25分「卸町10-BOX前」下車 徒歩3分

□JR
 ・仙台駅から約4分、「宮城野原駅(JR仙石線)」3番出口より徒歩約25分(約1.5km)
 ・仙台駅から約8分、「苦竹駅(JR仙石線)」より徒歩約25分(約1.3km)

□お車
 ・国道4号線バイパスから3分 ・泉インターから約15分 ・仙台南インターから約20分


本公演に関するお問い合わせ