Baobab第10回本公演ツアー「靴屑の塔」仙台公演【終了】

振付・構成・演出:北尾亘

新進気鋭の若手振付家 北尾亘 率いるダンスカンパニー「Baobab」仙台初上陸!

ストリートダンス、コンテンポラリーダンス、さらには演劇や音楽を含めジャンルを超えたアプローチに取り組む今作品は、東京公演を皮切りに、北九州、京都そして仙台へと進みます。

その土地の空気や会場の雰囲気によって作品を創り変えるリクリエーションツアーとなる今回、題材に選んだのは「靴」。ストリートダンスでは“靴”を履いて踊ることがほとんどだが、一方コンテンポラリーダンスでは裸足が大半。その感覚の違いや重要性、ビジュアル面の違いや靴音と空間など、様々な要素を作品に組み込みます。

ダンスのみならず言葉や音楽との関係性も見どころの一つ!

仙台に新たな風を巻き起こすBaobab仙台初公演。

どうぞご期待ください。  

北尾亘 米田沙織 傳川光留 

福原冠(範宙遊泳) 中川絢音(水中めがね∞)


チケット発売中!!


|日時:2016年 10 月 18 日(火) –  20 日(木)
2016年 10/18
(火)
10/19
(水)
10/20
(木)
17:00    
19:00 ●   
                ※受付・開場は開演の30分前を予定しております。

 

|会場:せんだい演劇工房10-BOX box-1
〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2-12-9 TEL:022-782-7510

 

|料金:前売 一般 2,500円 学生 2,000円 
       高校生以下 1,000円 ペア割 4,000(全席自由・税込)
                       ※当日は各500円増し
※車いすスペースをご希望なさる方、託児を希望される方は、boxes Inc.(022-353-9755)へお問い合わせください。

 

|チケット取扱い
チケットぴあ (Pコード:452-644)
 セブンイレブン、サークルK・サンクス、ぴあ店舗
 
  
 
◇ せんだい演劇工房10-BOX
     窓口販売のみ 022-782-7510
 
       ◇ boxes Inc.
            022-353-9755

 

振付・構成・演出|北尾亘
楽曲提供|岡田太郎(悪い芝居)
舞台監督|熊木進 久保田智也
照明|久津美太地
音響|杉山碧(La sens) 相川貴
舞台美術|中村友美
衣装|石川あゆみ

助成:公益財団法人 仙台市市民文化事業団 芸術文化振興基金 公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
主催:Baobab entoo

制作協力:boxes Inc.

 

  Baobab 公 式 w e b サ イ ト へ   

  

 

<Baobabとは>
主宰:北尾亘が全作品の振付・構成・演出を行う。2009年、目澤芙裕子、米田沙織と共に旗揚げし、2015年に久津美太地、傳川光留の2名が新メンバーとして加わり、5名のカンパニーとして活動。

土着的でリズミカルな独特の躍動感を持つ振付で、圧倒的な群舞を踊り抜くのが特徴。作品毎に打ち出される明確な世界観を、その都度募ったダンサーや俳優と丁寧に向き合いながら構築。「時に喋り歌い 沢山笑ってたまに泣く」 パフォーマンス性の強い作品で注目を集める2012年より、身体性・抽象性に特化した創作 ”D-inclineプロジェクト” も展開し、多面的にダンスを見つめ、ハイペースに作品を発表。

2010年より4年連続KYOTO EXPERIMENTに参加し、2013年は公式プログラムとして『家庭的 1.2.3』を上演。また、パフォーマンスと観客のボーダレスな関係やコンテンポラリーダンス界の時代を見つめ、2016年3月に若手クリエイター12人を集めたコンテンポラリーダンスフェスティバル『DANCE×Scrum!!!』をあうるすぽっとで上演する。

 


|会場地図

せんだい演劇工房10-BOX

【バス】
仙台駅バスターミナル50番から約25分
「卸町10-BOX前」下車 徒歩3分
【地下鉄東西線】
仙台駅→9分 / 卸町駅
徒歩約10分
【JR】
仙台駅→JR仙石線8分 / 苦竹駅
徒歩約25分
【お車】
国道4号線バイパスから3分/泉インターから約15分
仙台南インターから約20分


本公演に関するお問い合わせ