柿喰う客 新作公演「極楽地獄」仙台公演【終了】

作・演出:中屋敷法仁

極上のサービスを提供するリゾートホテルで起きる珍事件を描く。
背筋が凍り、魂が燃える、阿鼻叫喚のナンセンス・サスペンス。

劇団「柿喰う客」の完全新作『極楽地獄』が仙台で初日開幕!
柿喰う客メンバーとオーディションで選ばれた俳優たちが生み出す、新たな柿喰う客ワールドをご堪能ください!

永島敬三  田中穂先  宮田佳典

小出侑佳  小林義典  佐藤波瑠  高畑亜実
中嶋海央  中村ひより  三浦大輝  森瞬太


チケット絶賛発売中!


|日時:2017年9月8日(金)~10日(日)
    9月 8日(金) 19:00
    9月 9日(土) 13:00/18:00
    9月10日(日) 14:00 

      ※受付は45分前、開場は開演の30分前
     ※全公演終了後に、アフタートークを予定しております。
       9/8 19:00の回 野々下孝(仙台シアターラボ、ARCT)
       9/9 13:00の回 澤野正樹(劇団 短距離男道ミサイル)
 
 
|会場:せんだい演劇工房 10-BOX box-1
〒984-0015仙台市若林区卸町2-12-9 TEL:022-782-7510

 

|料金:一般 3,500
    25歳以下 2,000(要年齢確認)
    なかよし割 2,500円 (ぴあでのみ取扱い)
     ※全席自由席。
     ※なかよし割は同一券種同一日時で3人以上でのご購入に限ります。
     ※当日料金は、前売料金の500円増しとなります。

 

|チケット取扱い
0570-02-9999(Pコード:481-325)
http://pia.jp(/ PC・携帯)
セブンイレブン、サークルK・サンクス、ぴあ店舗
 
◇ せんだい演劇工房10-BOX
022-782-7510
 
 

主催:ゴーチ・ブラザーズ
共催:boxes Inc.
企画:柿喰う客

 

   柿喰う客 公式 w e b サ イ ト へ    

 

<柿喰う客とは>
2006年1月1日結成。演劇特有の虚構性を重視した躍動感あふれるパフォーマンスが特長。「圧倒的なフィクション」を標榜したオリジナル作品の創作を続ける。また古典作品のアダプテーションや他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも実施。国内の様々な地域でのアーティスト・イン・レジデンス(滞在製作)にも定期的に取り組む。さらに「こどもと観る演劇プロジェクト」や「高校生のための演劇プロジェクト」など、幅広い観客層への作品上演も積極的に展開。その活動のスケールは広がり続けている。結成10周年を目前に控えた2015年「観客動員10万人」を宣言。その道のりは、いまだ果てしなく、遠い。

 

<中屋敷法仁>(柿喰う客 代表)
高校在学中に発表した『贋作マクベス』にて、第49回全国高等学校演劇大会・最優秀創作脚本賞を受賞。独特の感性と高い演劇教養を武器に、幅広い舞台作品を手がける。 柿喰う客全作品の脚本・構成・演出を担う。近年では外部作品にも多く参加し、日本の演劇界を支える一人として、様々なジャンルの舞台作品を創作している。主な舞台作品に、青山円劇カウンシル ファイナル『赤鬼』(演出)、トライストーン・エンタテイメント『女中たち』(演出)、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』(脚本)、『舞台「黒子のバスケ」THE ENCOUTER』(演出)など。

 


|会場地図

せんだい演劇工房10-BOX

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

【バス】
仙台駅バスターミナル4番から約25分
「卸町10-BOX前」下車 徒歩3分
【地下鉄東西線】
仙台駅→9分 / 卸町駅
徒歩約10分
【JR】
仙台駅→JR仙石線8分 / 苦竹駅
徒歩約25分
【お車】
国道4号線バイパスから3分/泉インターから約15分
仙台南インターから約20分


本公演に関するお問い合わせ