丸福ボンバーズ 「さいごのなみだ〜星影楼にまつわる噺 その弐」【終了】

作・演出:福島三郎

音楽:曾我泰久

「敷居は低くいが、質の高いエンターテイメントを」をモットーに活動する、劇団丸福ボンバーズ。第二のホームである仙台での公演は、なんと9回目となりました。さらに今回は初となる「せんだい卸町アートマルシェ2018」に参加し、作品を上演いたします。全国から集まる様々な舞台作品と共にフェスティバルを盛り上げます!

今作は、20166月に上演された「玉夢温泉 〜星影楼にまつわる噺 その壱〜」に続くお話。舞台は経営危機を乗り越えた温泉旅館「星影楼」。宿には悩みを抱えた客たちが集まり、従業員や不思議な神様たち、妖怪までもが入り混じり、問題を解決しようと奮闘する・・・・。

自信をもってお届けする、笑って泣けるエンターテインメント作品です!

お見逃しなく!

NORIYASU   藤沢実穂

大野瑞生 石川誠也

嶺岸加奈 吉田雄樹

春山椋 細川遼

竹内晶美 アズキンタム

小沼早苗 八木さおり

野崎数馬 横山真


|日時
   2018年10月11日(木)
   14:30、20:00 
   2018年10月12日(金)
   14:30
 ※受付は開演15分前

|会場
 せんだい演劇工房10-BOX
 box-2 (仙台市若林区卸町2丁目12−9)

|料金
 一般 2,800円
 高校生以下 1,000円

|チケット取扱い
    せんだい卸町アートマルシェHP

主催 丸福ボンバーズ
共催 せんだい卸町アートマルシェ実行委員会
制作 boxes Inc.

  劇団HP   

   丸福ボンバーズ 主宰

作・演出

福島三郎/ふくしまさぶろう

1969年1月13日生まれ。岡山県出身。東京サンシャインボーイズに所属し演出補をつとめ、’95年の劇団解散後は、自身が脚本・演出を手がける演劇ユニット・泪目銀座で活動。そのウエルメイドで心温まる作風にファンは多く、活動を休止するまで高い人気を誇った。外部作品の脚本や演出も多く、劇団以外のおもな作品に、『ULTRA PURE!』『40カラット』などが。’12 年に、新たに自身が主宰をつとめる劇団・丸福ボンバーズを旗揚げ。千歳船橋を拠点に、定期的に公演をおこなっている。

丸福ボンバーズ

丸福ボンバーズは、福島三郎が2012年に立ち上げた演劇活動の発信拠点。 公演内容は、劇団員総出演で取り組む福島三郎の描き下ろし新作はもちろん、メンバーの提案や希望に応じて、一人芝居や音楽芝居、子供向けの作品など、様々なことにチャレンジしている。作品はどれも笑って泣けるエンターテイメントで、全てのキャラクターが愛おしく、アットホームな世界で繰り広げられる心温まる物語が特徴。初めて演劇を観るお客様も、コアな演劇ファンも唸らせるウェルメイドな作風として年を重ねるごとに着実にファンを増やし続けている。


|アクセス

せんだい演劇工房10-BOX

【バス】
仙台駅バスターミナル4番から約25分
「卸町10-BOX前」下車 徒歩3分

【地下鉄東西線】
仙台駅→9分 / 卸町駅
徒歩約10分

【JR】
仙台駅→JR仙石線8分 / 苦竹駅
徒歩約25分

【お車】
国道4号線バイパスから3分/泉インターから約15分
仙台南インターから約20分

会場には、駐車場が少ないため公共交通機関にておこしください。


本公演に関するお問い合わせ